RPA 課題

RPAは業務の生産性をアップさせ、効率化できる非常に便利な技術です。RPAを利用する時、セキュリティーリスクの課題を回避する方法を考える必要があります。まずRPAの運用管理には、ロボットと人間という2つの管理対象がありますが、ロボットは業務を行うため、人間と同様に業務を行う際に必要なIDやパスワードを使用して業務を行います。そのため、ロボットは業務を担当している一員として見なして管理しなくてはいけません。もしIDとパスワードが漏えいすると、第三者がログインできる状態になります。そうすると、容易にデータを取り出せる状態になる訳です。複数の端末を操作できるため、情報の漏えいが外部に及んだ場合、甚大な被害が予想されます。セキュリティーの課題を回避するために、監査制度を設け、セキュリティー対策をしっかりと行います。

RPAの運用管理を行う強いチームを作る

RPAの狙いは生産性の向上や業務の効率化です。そのため、業務と情報システムを理解している社内の部門の連携がRPAの働きを最大限に活かします。ただし、RPAの管理を仕事とする人材を確保できるのは、大企業だけと言っても過言ではないでしょう。業務と情報システムの2つの部門がうまく連携してRPAの管理を行うことが、ロボットを上手に運用していく良い方法です。上手に運用できず、ロボットが停止してしまうと、止まっている間は業務を行っていないため、どんどん損失分が大きくなっていきます。業務の変更時のプログラム変更を同時期に行うこともセキュリティーリスクの課題を回避する方法として覚えておきましょう。業務の停止やシステム変更後の誤作動などは主なセキュリティーリスクなので、なるべく回避できるよう管理しましょう。

ロボットへの不正アクセスを回避することで安全に業務を行う

自宅で使用するパソコンと同様に、RPAへの不正アクセスは被害が大きくなります。なぜ被害が大きくなるかというと、ログインのための情報が盗まれると、RPA全てのロボットを自由に操作できる状態になるのです。そうすると、そのロボットが行なっている業務すべてを操作できるようになるため、データを暗号化する、簡単には取り出せないようなソフトを導入するなど、細心の注意を払ってセキュリティーリスクの課題を回避すべきです。これからさらにRPAの利用価値は上がり、技術も向上するため、業務が複雑になっていきます。必然的にセキュリティ対策も重要になってきますので、より強い業務と情報システムの連携が必要ですし、内部監査だけに留まらず、外部監査を取り入れるなど、しっかりと運用管理をしていくべきです。