RPA 課題

働き方改革や人手不足などの解決手段として、業務の効率化の実現のためにRPAが注目され、導入している企業が増えてきています。導入する時の注意点として、どの業務で、どんなツールを活用し、どのように導入、運用、管理していくかを考える必要があります。導入する際の課題としては、RPAは、色々なシステムからデータを取得するので、ロボットが他の分野のシステムに自由にアクセス出来てしまい、不正利用のリスクやIDとパスワードが漏洩してしまうリスクが出てきます。導入する業務の特性によっては、開発時の事前調節や入念なテストが必要になってしまうこともあります。ロボットが正しく作業しているかを検証、証明するために、ロボットの稼働状況を把握できる仕組みを準備し、整備しておく必要もあります。

RPAのセキュリティリスクの課題を解説します

業務の一部をロボットが代行してくれることになるので、RPAはセキュリティの課題が出てきます。想定されるセキュリティリスクとしては、まずウイルなどによる不正利用リスクがあります。色々な業務や、事務処理的な業務を代行してくれるので、IDやパスワード、顧客情報などを打ち込む仕事も含まれます。RPAがウィルスなどのサイバー攻撃を受けてしまうと、重要な情報や個人情報を漏洩してしまったり、データを改ざんされてしまったりというケースも考えられます。次に、ロボットの設定ミスによる誤作動です。ロボットが代行してくれるので、ミスが発生することはないと考えがちですが、業務の命令を指示するのは人間です。設定をする際に間違いがある場合、重要な情報に関しての誤送信などの誤作動を起こしてしまい、ミスにつながってしまいます。

RPAのセキュリティリスクの課題を回避する方法を解説します

RPAのセキュリティリスクの課題を回避する方法ですが、不正利用には、他の部署でシステムを操作できないようにシステムの住み分けをします。アクセス権限を制限することにより自分の部署のみのアクセス権とし、不正利用を防止します。ウイルスなどにはファイルの暗号化で対策をします。大切な情報が漏洩した場合でも、情報を開けないようにしたり、解読できないようにしたりします。利用価値のない情報にすることができるので、特に重要な情報には暗号化の対策を行う必要があります。人間による指示は、間違った設定をしてしまうと気づくまでその設定で処理を繰り返すので、注意を徹底します。発注やお金の処理はやめておいたほうがいいかもしれません。RPAは利用可能な分野も広がり、技術も複雑、高度になっていきますが、安全な導入、利用するように環境を整える必要があります。

大手企業から中小企業まで、導入実績は150社以上。 ITIL運用に沿ったITシステム運用が即座にスタート。 オンプレミス(ライセンス)でのご利用も可能。 大手流通企業や鉄道、航空会社から中小企業まで、多くの導入実績があります。 導入支援サービスやサポートプランもシステムの利用タイプ別に細かくご用意しています。 RPAの課題が気になる方はSmartStageのサイトへ